2つに別れる生理痛タイプ

生理痛による2つのタイプについて

まずは「器質性月経困難症」と呼ばれる至急や卵巣に何らかの病気が隠れているというタイプになります。
もう1つは病気などの要因はなく、体質や心理的なストレスが原因となって起こるタイプです。
一般的には後者のほうが多いとも言われていますが、必ずしも該当するとも限りませんので気になる方は病院を受診してみると良いでしょう。

20代後半に発症する器質性月経困難症について

年代としては「20代後半」が多いといわれています。
痛みをはじめとする症状は、月経初日~3日目ごろを過ぎてもなお続くという場合が大半です。
また、月経期間外にも痛みを覚えることもあります。

考えられる原因ですが、「子宮内膜症」「子宮腺筋症」「子宮筋腫」などが考えられます。
病気が要因となっていますので、病気を治療することによって痛みも軽減していくでしょう。

思春期から起こる体質やストレスの場合について

一般的に思春期~20代前半までに多く見られるといいますが、長年悩まされているという方も多いようです。

考えられる要因ですが「プロスタグランジン」の分泌量が多いことです。
これは、子宮の収縮を促す物質ですので、収縮が強くなるほど痛みを覚えやすいというがいえます。

また、子宮や卵巣が未成熟であるという事も原因となりうるのです。
思春期前後はまだその成熟度は浅いので、生理痛となって発症してしまうケースがあるのです。

他には冷えやストレスといった「誰にでもかかりうる要因」が考えられるのです。
生活習慣を改善するように努めたり、ストレス解消を心がけるようにすることで予防対策もできると考えられています。
また、痛みを覚えている最中でも対処がしやすいといえるでしょう。

今回は、2つのそれぞれのタイプについて見ていきました。

月経痛と一言でいっても、いくつかのタイプがありその要因も異なってくるという事がお分かりいただけたのではないでしょうか。
自らのタイプを知り、対処対策をしていくことによって快適な月経期間をすごしやすくなるでしょう。
先にも触れましたが、自分自身の判断では心もとないという際には病院を受診しましょう。