正常な月経と異常な月経の違いとは

正常な生理とは

周期としては「25日~38日」の間とされています。
ずれることもありますが、予定日の前後2~5日程度が正常の範囲とされています。
精神的なストレスが重なった月には1週間前後ずれることもあるでしょう。

月経期間は3日~7荷日。量は20~140ミリリットル前後です。
月経痛が起こったとしても日常生活に差し障りは無く、市販の鎮痛薬を服用することが和らいだり改善する程度であれば正常の範囲といえるでしょう。

異常な生理とは

いくつかの目安があります。

頻発月経
こちらは1ヶ月に2回・3回と月経がある状態をいいます。
基礎体温をつけ排卵があるかどうか調べましょう。どちらであっても、産婦人科でホルモン治療が必要となるでしょう。
ホルモンバランスを崩しやすい更年期前後の女性に多く見られ、不正出血の場合もあります。

希発月経
早熟期の女性で、周期が39日以上と間隔が長すぎる月経のことを言います。
排卵があれば大きな問題はありませんが、無いという場合には不妊症や無月経の原因にもなることがあります。
ホルモン療法などで状態を落ち着けることが出来るでしょう。

月経過多
月経期間が8日以上の状態を言います。または、眠るのも怖いくらいに量が多くなったりレバー状態かたまりが出てしまうこともあります。
ホルモンバランスの崩れや子宮筋腫・子宮線筋症の可能性もありますので産婦人科を受診されることをオススメしたいと思います。

生理による過少月経

出血して3日以内で月経が終わったり、2日目で生理用品の交換が要らないほど少量だということもあります。
そのような場合、無月経の前兆症状の場合も考えられるのです。

月経は月によって変動することもある

ストレスや環境の変化からでも大きく月経の状態は変わってくるものです。
正常かそうでないかという部分について知っておくことによって、自らの状態を把握しやすくなるかと思いますので認識しておくとよいでしょう。
万が一、不安がある場合や生活に支障をきたすほどの強い痛みや違和感があるようでしたら早めに病院を受診してください。