女性の生理周期に伴う生理痛を知ること

生理周期の第一週目・月経中

低温期と呼ばれている期間です。
体温を上げる作用がある黄体ホルモンの分泌がなくなりますので、冷えを感じやすい時期ともいえます。
腹部の痛みや胃の痛み・吐き気・頭痛などを感じることもあるでしょう。
精神的にも落ち込みやすい時期といえます。

生理周期の第二週目・月経後

月経後も暫く低温期が続きます。
排卵を前に女性らしさを引き拿捕す卵胞ホルモンの分泌が高まる時期でもあります。
この時期には痛みなどを覚えることは基本としてありませんが、器質性月経困難症の場合は痛みを覚えることもあるでしょう。

生理周期の第三週目・調整期

排卵後には高温期に入っていきます。
自覚的な不調はありませんが、黄体ホルモンの分泌が高まり子宮内膜が充血し始めますので下腹部に違和感を覚えることもあるでしょう。
時には、少量の出血をともやうという方もいらっしゃるようです。
心身状態は安定的になり、人によってはテンションが高くなりやすいとも言えますが、黄体ホルモンは精神に不安定感をもたらすことから、情緒が安定しないなどトという方もいら津市やるでしょう。
言い方をかえると「デリケートな時期」であるといえるでしょう。

生理周期の第四週・不調期

高温期は続きます。
黄体ホルモンの影響が強く現れる州ともいえるでしょう。
体温が上昇してほてったような感覚があったり、むくみや便秘・肩こり・頭痛など自覚的にも身体の不調を感じやすいでしょう。
精神的にも安定せず、イライラしたり不安になったりと感情も定まりにくい時期といえます。
心身を通して余裕をもってゆっくりとしていただくのが良い時期ともいえるでしょう。

基礎体温で生理周期を知ることが出来る

これらの周期についてですが「基礎体温計」を用いると把握しやすいでしょう。
多少のリズム差が個々によって見られることと思います。

自らの生理周期を知ること

基礎体温計とともに、基礎体温表をつけていただくことによっと自身のサイクルを知り対処もしやすくなることでしょう。
今では、体温計に記憶機能がついているものもありますので手軽に取り入れやすくなったかと思います。
女性ならではの周期を知って、痛みに上手に対応し、また予防に努めるようにしていきましょう。