生理痛経験から原因を探り治療や改善に向かう

女性の多くの方は「生理痛」の経験をお持ちのことと思います。
症状はさまざまなで、痛みの程度もさまざまではありますが毎月の煩わしさを感じることもあるのではないでしょうか。
今回は、そんな生理について見ていきたいと思います。
ここでは、痛みの原因と月経過程とを照らし合わせながら考えていきましょう。

生理痛の月経前はイライラが出てくる

月経前の時期は「黄体ホルモン」が要因と考えられています。
排卵後、黄体ホルモンの分泌量は急激に増えた状態となり、受精卵が着床せずに月経がおこると一気に減っていきます。
この変化が要因となり、自律神経がバランスをくずし、頭痛や胃痛・イライラなどの不調が出てきてしまうのです。
これらの症状をPMSと言い、近年ではその認識度も広まりつつあります。

生理痛の月経前半は冷えや腰痛の症状

前半期は「プロスタグラジン」が要因とされています。
月経直前から前半まで、プロスタグラジンという物質が急に増加します。
この物質についてですが、子宮の収縮を促して経穴を身体の外へと排出する役割を担っています。
この量が過多となると、収縮が強くなりますのでキリキリとした痛みを覚えるのです。
経験をお持ちの方も多いでしょう。
血管収縮させる作用がありますので、痛みばかりではなく腰痛や重たい感覚・冷えなどの症状を訴えることもあるでしょう。
さらには、胃腸の動きにも愛嬌が出てしまいますので吐き気や下痢などにつながる可能性もあります。

このプロスタグラジンですが「陣痛」の時にも大きな作用となっています。
生理痛のある女性においては、子宮内膜や経穴に含まれているプレスタグラジンの量が比較的に多いとも言われています。

生理痛の月経後期は下腹部に痛みが生じる

後期の場合「うっ血」が原因となることが考えられます。
うっ血とは、血液の流れが滞ることを指します。
骨盤を中心に血液の流れが悪くなり、下腹部に鈍い痛みを感じたり、腰周りが重苦しく感じることもあるでしょう。
程度の軽い痛みであれば、このうっ血を取り除くことで改善できるでしょう。
身体を温めるですとか、血行促進につながる食事をこころがけるなど日常生活に注目することによって抑制することもできるでしょう。

痛みを覚える人が増えている生理痛の原因とは

また、女性が一生のうちに経験する月経回数は昔にひらべて増えているといわれています。
このことに伴い、月経痛を覚えることも増えているようです。
その原因についてですが、初経年齢の低下・出産数の低下・出産年齢の上昇・閉経年齢の上昇・晩婚化などさまざなことが言われていますが、確実な原因というものは断定できないのが現状です。

痛みを覚える女性が増えたということによって、セルフケアではコントロールできないほどの痛みを感じるというケースもまた増えてしまっているのです。

生理痛なら産婦人科を受診してきちんとした処置をする

原因をハッキリさせたいというのでしたら、やはり産婦人科を受診していただくことをおすすめしたいと思います。
個々によってその要因が異なってくることもありますし、やもすると何かしらの疾病が隠れているということも考えられるのです。
生活に支障をきたすほどの痛みがあるですとか、違和感がある・気になることがおおいなど不安を感じておられる方は、一度病院で検査診断をしてもらうことをおすすめします。

長年感じている痛みだからと放置されていることも多い症状。
その原因を知ろうというキッカケが無いという方もいらつしゃると思いますが、ここで改めてその原因を知ることで改善策についても考えていただければと思います。